2009年06月02日

1位 サージカルマスク 1P50円

米国N95規格の不織布を使用したN95相当の使い捨てマスクです。新型インフルエンザ対策やウィルス予防などに効果的です。顔に触れる面は、撥水性の不織布を使用していますので、爽やかな装着感です。大きく広がる3段プリーツで、鼻から口元・顎下まで広く覆うことができます。 内容量 1枚 (包装無し) 規格 細菌遮蔽率(BFE)99.7%以上 サイズ・重量 約17.3×9.5cm 約4g。


1位の理由は、販売価格 150円 (税込) が、限定特価 50円 (税込) 送料別で販売と言うところです。

超激安!!
↓楽天で一番安い店をチェックする!



posted by 防止マスク at 09:34| 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

2位 NTC予防マスク サージカルマスク 大人用 50枚入

高品質な医療用サージカルマスクです。

特徴
■ フィット感に優れたディスポーサブルマスク。
■ イヤーバンドにはナイロンスパンテックスを採用
■ 耳への圧迫と摩擦を緩和します
■ 鼻にジャストフィットするノーズピース内蔵

大人用 50枚入なのが嬉しいですね。

↓楽天で商品をチェックする

posted by 防止マスク at 14:10| Comment(7) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

3位 N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り)

内容量 20枚入り
素材 ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリエステル
3層不織布;濾過率95%以上

対応内容

豚インフルエンザ
インフルエンザA型
インフルエンザ マスク n95
消毒,滅菌,殺菌,インフルエンザ対策,感染防止
手洗い,ウィルス,ウイルス,国内感染
新型インフルエンザ  
予防 
消毒 
マスク 
除菌 
抗菌 

20枚程度がちょうどいいのではないでしょうか?


⇒商品を見てみる数量限定!インフルエンザ対策!N95規格 新ウイルスカットマスク(20枚入り) NIOSH基準クリアー品【快適生活】
posted by 防止マスク at 17:27| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4位 サージカルマスク3層式

新型インフルエンザ対策に
サージカルマスク3層式 (50枚入り)。


3層式で安心な上、今後のために50枚もそろえておけば安心かと思います。

他にも緊急時、災害時の自宅の備蓄品として、
食品のお取扱や、お客様対応がある法人様の大量備蓄に!
お得用のサージカルマスクです。

⇒商品を見てみる【5月下旬出荷】サージカルマスク3層式 1箱50枚セット 新型インフルエンザ対策に!耳かけ式【★なでしこスタイル★】
posted by 防止マスク at 04:02| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

5位 N100マスク

飛沫だけではなくウイルスそのものを完全ブロックし、N95や抗体マスクでも防ぎきれない致死的疫病やフェーズ6にしっかり対応するマスクです。

世界最高レベルN100マスクは、厳格なNIOSH規格における最高ランクのろ過効率N100(99.97%以上)を持ち、ハーフマスク型の世界最高レベルです。現在認可されているのは世界で5社のみ。

日本ではマスクのろ過率表示に非常に大きな盲点があります。例えばパッケージに一見”ウイルス99.9%カット”と書いてあるのを見てマスクがウイルスをブロックしてくれるように思いこんでしまいます。しかし注意深く見ると”ウイルス”の後に小さく”飛沫”の文字がある場合が殆どです。このウイルス飛沫とは単にウイルスを含む唾の粒子でクシャミによって飛び散るものです。このようなマスクは空気中を浮遊している非常に小さなウイルスそのものをブロックする機能は持っておらずウイルスはマスクのフィルターを素通りしてしまいます。

”〜%以上”ではなく”最大〜%”という表示では実際のろ過率がその数割にしか満たないものもあるので注意して下さい。

このN100マスクの99.97%以上(非油性粒子)のろ過率はあらゆる花粉・黄砂・スモッグのような粒子を完璧にブロックするだけではなくミクロの超微粒子にまで対応します。黄砂の粒子も決して肺に到達することはありません。

ウイルスや細菌そのもの、更にはウラン・プルトニウムなどの放射性物質もろ過し、ヒ素・カドミウムに対してもOSHA PELの10倍の濃度に耐えます。

呼気バルブと新型エレクトロン膜(永久的極性を持つ誘電体物質)の一体化により、軽くて使い心地・密封性に優れ、涼しく呼吸ができるようになっています。また非常に優れた耐久性から1枚で150〜200時間の使用が可能です。

アメリカ疾病対策センター(CDC)が鳥インフルエンザ・豚インフルエンザ・新型インフルエンザ用として認める最低限のろ過率95%を遥かに超えるN100(99.97%以上)で、炭疽菌・結核菌などの空気感染菌もろ過します。

アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・タイ他で最高レベルとして広く普及しているマスクです。

他のマスクでは対応しきれない重度の花粉症(症状が重い又は微量の花粉に反応する)の方も愛用されています。


新型インフルエンザへの様々な誤解

インフルエンザという名前から従来のインフルエンザが強烈になったものと思う。
世間・マスコミが騒いでいるほど大袈裟なものではないはず。
過去のパンデミックを考えると死者数はそれほど大きくならないのでは。
空気感染の心配はない。
弱毒性なら心配いらない。
一般的なマスクでも十分だ。
日本では新型インフルエンザやパンデミックに対する危機管理が希薄で、このような誤解が未だにはびこっています。
新型インフルエンザに対して人間は免疫力を持っていませんのでウイルスは体内で爆発的に増殖します。インフルエンザとは名ばかりで実際には全く新種の奇病と考えるべきでしょう。またそのウイルスは低温・低湿度の空気中なら約24時間も生き続け、インドネシア・メキシコ・エジプトなど暖かい地域でも感染が拡大しています。
鳥インフルエンザ感染者の場合、死亡率は約65%ですが、これは手厚い治療を施した後の結果です。パンデミック時の膨大な感染者はそのような集中治療を受けることはできません。
それでは過去の有名なパンデミック、スペイン風邪(米国が発生源)での死者数はというと世界で5000万〜1億人でした。まあ大したことはないと思われる方もおられるでしょうが、ここには盲点があります。スペイン風邪は発生当初は弱毒性のウイルスでしたが鳥インフルエンザH5N1型は既に強毒性です。さらに1918年当時の世界、交通網も発達しておらず世界総人口も15億人程度での死亡者数です。
豚インフルエンザが弱毒性のH1N1型でも決して安心できません。WHOはその危険性をハッキリと認識し警告しているのです。先述のスペイン風邪は豚インフルエンザと同じH1N1型でした。しかし人間の100万倍の進化速度を持つウイルスは何らかの要因で短期間に強毒性に変化してしまいます。
ワクチン・予防接種が効かない新型インフルエンザの場合、最大の防衛策はマスクによってできるだけウイルスを体内に入れないことです。新型インフルエンザには100%信頼できる世界基準最高のマスクをお使い下さい。


⇒詳細はこちら世界最高N100マスク(新型インフルエンザ・鳥豚インフルエンザ・結核用)200時間使用可【Design for Life】
posted by 防止マスク at 12:52| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

6位 豚インフルエンザ感染症予防マスク 50枚 NO.1000ライトマスク2PLY

50枚入りですので、毎日気軽に新品を装着できて、とても衛生的です。
MRSA、疥癬などの感染予防に有効です。
花粉症の方やインフルエンザの予防にもどうぞ。

↓送料無料です。

posted by 防止マスク at 15:36| Comment(5) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7位 新型インフルエンザ対応マスク モースガード

バンデミック(大流行)が起こった場合
日本政府の予測は、
「人口の4分の1が感染し、最悪64万人が死亡する」

近年、鳥インフルエンザ(H5N1)が鳥から人に感染する事例が数多く
報告されています。この鳥のインフルエンザウイルスが変異し、
新型インフルエンザが発生する可能性が危惧され、世界中の関心事となっています。

「新型インフルエンザ」はいつ発生するかという時間の問題で、発生そのものは
止めることが出来ないと専門家は断言しており、WHO(世界保健機構)や国連の
予測ではひとたびパンデミック(世界的大流行)が起これば全世界で1億5千万人
以上の死者が出ると公表しています。日本政府の被害想定でも人口の4分の1に
あたる3,200万人が感染し最悪64万人が死亡すると予測しています。しかし、
これらの予測は90年前に世界中で大流行したスペイン風邪の致死率と同じ2%
で想定したもので、現在の「鳥インフルエンザ」の全世界での感染者は
2008年4月17日現在381人で、そのうち240人が死亡しており、その致死率は
62.99%にも及ぶ強毒性のウイルスであり、実際「新型インフルエンザ」が発生
したときの死亡者数は計り知れないと言われています。


国国防省が発案した、感染予防マスク「モースガード」
流行の波がおさまるまでの約2か月分のマスクの備えを。

「新型インフルエンザ」の感染予防に対応する高機能マスク「モースガード」は
米国国防総省OBのロナルド・モース博士が発案したものです。

「モースガード」の特長は、4層構造のサージカルマスクで、2層目と3層目に
アメリカで開発された1万分の1ミリ(0.1ミクロン)の微粒子を99%以上カット
する特殊フィルター(米国FDA認定検査機関ネルソン研究所実証済)を採用して
おり、このフィルターには静電気で微粒子を引き寄せて捕集する機能が備わって
います。更に、3層目に中国農業科学院獣医研究所において
「鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)」の100%不活化が確認された
銀イオン系抗菌剤をフィルターに加工している点にあります。

インフルエンザウイルスは1ミクロン未満であり、感染予防対策としては、
花粉(30ミクロン前後)や飛沫・細菌(5ミクロン前後)に対応したものより、更に
細かい微粒子をカットするマスクの使用が必要とされます。

「新型インフルエンザ」は毎冬に流行する通常のインフルエンザと同様に飛沫
感染や接触感染で伝播していくもので、流行時の外出にはマスクの装着が必須
とされます。
厚生労働省の新型インフルエンザ専門会議においても「新型インフルエンザ」
発生後はマスクなどの感染予防物品の買い占めによる物品の不足が想定される
ため、予め各家庭や職場での備蓄を推奨しています。
マスク備蓄の目安は、「新型インフルエンザ」の一回の感染流行の波が
約2ヶ月間続くと言われているため、一人当り最低2ヶ月分の備蓄が必要です。

モースガードは100%新型インフルエンザのために
企画、設計、開発されたマスクです。

アメリカ国防総省、国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事する。前ブッシュ政権 経済担当者主席補佐官.

元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。


現在世界中で新型インフルエンザの感染が問題になっており、マスコミでは連日大きく取り上げられています。もし、新型インフルエンザが流行した場合、マスクによる自己防衛は必要不可欠です。このマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術と、中国の縫製の技術を加え完結したものです。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると思っています。


「新型インフルエンザ」対応 
不織布・四層抗菌マスク

↓少々お高いので、コンパクトで効果も抜群です。





posted by 防止マスク at 15:30| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8位 KFD-100医療用マスク

豚インフルエンザ対策マスク・新型インフルエンザ対策マスク・鳥インフルエンザ対策マスク・ウィルス対策マスク・感染予防マスク・感染防止マスク 。

【即納】【感染症防止対策用セット【セット1】(マスク2枚+手袋1双+ゴーグル1個+防護服1枚)】
【即納】豚インフルエンザ対策にこのマスクセットを
【感染症防止対策用セット【セット1】(マスク2枚+手袋1双+ゴーグル1個+防護服1枚)】JKWR

ゴーグルなど一式です。
↓商品の詳細



posted by 防止マスク at 15:26| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9位 サージカルマスクARS(50枚入)

豚インフルエンザマスク、豚インフルエンザ予防、豚インフルエンザ対策、予防マスク、お買い得マスク、医療用マスク。

細菌遮蔽率96.0%以上。医療用にも使われるマスク。快適な着け心地で50枚入りとお得です。
価格 1,250円 と安いのもいいですね。

【超お買い得!!2個以上でなんとっ…!?】細菌遮蔽率96.0%以上!!「サージカルマスクARS(50枚入...
posted by 防止マスク at 15:20| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10位 感染防止対策セットI(カンセンボウシタイサクセット

感染の恐怖!恐ろしいウイルスや
パンデミック対策に個人防護具を。
感染防止対策セット

豚インフルエンザ対策マスク・新型インフルエンザ対策マスク・鳥インフルエンザ対策マスク・ウィルス対策マスク・感染予防マスク・感染防止マスク


手袋やゴーグル、抗菌消臭剤などのセットです。


posted by 防止マスク at 15:15| Comment(0) | 防護マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

新型インフル数日内に「フェーズ6」引き上げか

新型インフルエンザについて各国状況は4日、患者が確認された国は、20カ国・地域の計1,024人に上った。メキシコのコルドバ保健省は同国の感染者は前日の段階から84人増えて590人になり、死者は3人増えて22人となったと発表した。カナダ通信によると、カナダ保健当局者は感染者が101人になったことを明らかにした。スペイン通信によると、エルサルバドルも新型インフルエンザ感染者が確認された。

 世界保健機関(WHO)のマイケル・ライアン警戒対策部長は2日、新型インフルエンザに関する記者会見で警戒水準を「フェーズ5」からパンデミック(世界的大流行)といわれる「フェーズ6」に引き上げるかの判断は数日で出る可能性があると表明した。(IBTimesより)


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


フェイズ6が現実味を持ってきましたね。農林水産省では、豚肉・豚肉加工品は安全と表明しているそうです。
なんでも、インフルエンザウィルスは熱に弱く加熱処理で容易に死ぬそうで、インフルエンザウィルスは胃酸で動かなくなる可能性が高いそうです。
農林水産省では、万が一に備え、2か月程度の食料備蓄を推奨しているそうです。備えあれば憂いなしというやつですかね。

↓防護マスク



posted by 防止マスク at 00:42| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

横浜で国内3人目の疑い例

厚生労働省によると3日、新型インフルエンザの「感染疑い例」に該当する患者の届け出が横浜市からあった。
東京都三鷹市在住の40歳代の日本人女性。4月28日に、米カリフォルニア州サンフランシスコから帰国した。保健所に設置されている「発熱相談センター」に相談の電話をしたうえで、指示に従って市内の感染症指定医療機関を受診。簡易検査で陽性反応が出た。


メキシコ帰りだけではなく、アメリカ帰りまで、水面下で豚インフルエンザが進行している疑いを持ったほうがいい気がします。

満員電車は密室ですし、気をつけたいと思います。

↓防護マスク
posted by 防止マスク at 17:49| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横田基地の女児は、新型”ではなし@政府見解

新型インフルエンザ感染の疑いがあり、米軍横田基地(東京都福生市など)内で隔離され治療を受けている米国籍の生後4カ月の乳児について、国立感染症研究所は2日、遺伝子検査の結果、ソ連A型で新型インフルエンザではないと断定した。同日、政府筋が明らかにした。

↓防護マスク
posted by 防止マスク at 17:44| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警戒水準(フェーズ)5

新型インフルエンザの感染が拡大の傾向。

世界保健機関のマーガレット・チャン事務局長は29日、警戒水準(フェーズ)を現在の「4」から、「5」へ引き上げると発表した。

5とは、世界的大流行(パンデミック)の一歩手前で、複数の国で人から人への感染が進んでいる証拠があることを示す数値です。

ちなみに、最も高いレベルの「6」はパンデミックの発生を意味します。

↓防護マスク
posted by 防止マスク at 17:42| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚インフルエンザの異常発生

2009年4月24日、メキシコのコルドバ保健相が同国で豚インフルエンザにより20人が死亡。未確定ながら、40人の死因が豚インフルエンザだった可能性があると考えられている。

国境を接する、アメリカでも感染例が報告されている。

現在、メキシコを中心に、感染数が増え4月25日夜にかけて1000人以上の感染ならびに、60人以上の死亡が確認されている。

↓防護マスク

posted by 防止マスク at 17:36| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人への感染例

1976年2月、ニュージャージー州フォートディクスのアメリカ陸軍訓練基地で死亡した19歳の二等兵の検死。

これが、豚陰インフルエンザが、人へ感染した最初の出来事とされている。発病した可能性を疑われたのは、数人。しかし、500人以上が感染している状態だったという。

事態を重く見た時の、フォード大統領は全国的な予防接種プログラムを開始。予防接種の副作用で500人以上がギラン・バレー症候群を発症し30人以上が死亡したという。約4000万人が予防接種を受けたわけだが、その結果として、大きな感染は未然に食い止められた。

↓防護マスク

posted by 防止マスク at 17:32| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚インフルエンザ感染拡大の恐れ

メキシコをはじめ、アメリカやアジアでの拡大が懸念されている豚インフルエンザ。

オルソミクソウイルス科A型インフルエンザウイルスの感染によるブタの感染症であると見られている。A型インフルエンザウイルスの主要な亜型はH1N1とH3N2であり、不活化ワクチンの開発が進められている。

問題となるのは異なる亜種の豚のウィルスが同一細胞に感染した場合。遺伝子再集合によって新型インフルエンザウイルスが登場することになるかもしれないのだ。

↓防護マスク

posted by 防止マスク at 17:09| Comment(0) | 豚インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。